十勝台風被害復旧復興プロジェクトについて

2016年8月、日本を襲った記録的な台風と大雨は、北海道十勝地区にも甚大な被害をもたらしました。

住宅が押し流され、道路や橋、線路が崩落。農作物がなぎ倒され、畑が冠水、工場が停止するなど、農業、水産業などへの被害も深刻です。

現在も懸命の作業が行われていますが、復旧には数年かかることが予想されています。

もっと多くのみなさんに被害の状況を知っていただき、必要とされている支援が、助けたい思いと結びつくように。そして、復興の様子を知っていただき、元気な十勝を、日本のみなさんへ届けられるように。このサイトは、そんな支援の輪の一端となれることを願って立ち上がりました。

美味しい十勝、美しい十勝へのみなさんの思いが、このサイトを作っていきます。十勝に晴れ晴れとした笑顔が戻る日まで、どうぞ、ご協力よろしくお願いします。

#十勝のみんなが晴れるまで

復興へすすめ!各地の状況レポート

新得 台風による被害で8月末から不通となっていたJR石勝線・根室線の芽室-トマム間は22日、始発から運行を再開しました。道東と道央を結ぶ特急をはじめ、普通列車や貨物列車が約4カ月ぶりに通常ダイヤに。沿線の主要駅は歓迎イベントを開いて「一番列車」を出迎えました。 (2016年12月22日 )

豊頃町 8月の台風で被害を受けた豊頃町の観光名所・ハルニレの木。裂けた幹を結束する“治療”を受け、雪が降り積もった広野に凛と立つ姿は、復興への希望を感じさせます。 (2016年12月15日 )

幕別町 幕別町相川地区。8月の台風では300ヘクタール近くが浸水しました。今は雪景色に。 (2016年12月15日 )

池田 池田の河川パーク。8月の台風では、利別川からあふれた水に浸かりました。 (2016年12月15日 )

新得町 修復工事が進む第1佐幌川橋梁。22日に石勝線が再開することが決まりました(14日午前11時45分ごろ、新得町神居橋付近で) (2016年12月14日 )

新得神社橋 台風でパンケシントク川が氾濫し、一部崩落した神社橋。車1台が転落しました。季節は移り変わり、応急措置を終えた橋を人や車が行き交います。 (2016年11月28日 )

清水町日勝峠 日勝峠は封鎖されているが、麓の清水ドライブインは観光バスが来るなど賑わってます。 (2016年11月15日 )

新得町 左右の新たな橋台に架設される橋桁。橋脚を使わず安全面も向上する。 (2016年11月14日 09:00)

清水町 季節が移り変わり、すっかり冬景色になった被災地。清水町内のペケレベツ川沿いの住宅地では、濁流に流された住宅が被災当時のまま残っています。痛々しい姿のまま冬を迎えています。 (2016年11月09日 )

清水町日勝峠 国道274号日勝峠は依然として通行止めのまま。清水町側から通行止め開始のゲート付近まで車を走らせましたが、対向車も後続車もありませんでした。災害前は交通量が多かっただけに、何とも寂しく感じます (2016年11月08日 )

清水町 清水町内の国道38号に掛かるペケレベツ橋の仮橋。冬を迎えてスタッドレスタイヤを装着した車が行き交う。復旧半ばにも関わらず、今後は雪による交通障害も懸念される(11月8日撮影) (2016年11月08日 )

芽室公園 公園内の倒れた遊歩道橋。災害の爪痕は今も残る(11月7日撮影)。 (2016年11月07日 )

芽室町 芽室川の氾濫で浸水した芽室市街地近くの畑は土砂に覆われたままで砂漠のような光景。この畑に作物が実るのはいつになるのでしょうか。 (2016年10月30日 )

新得町 仮復旧した新得町内の神社橋。鳥居の向こうに見える神社山は春になるとたくさんの桜が咲きほころびます。十勝を代表する花見名所が来年春、復興を象徴するような満開の桜に彩られることを願います。 (2016年10月29日 )

新得町 新得町内のJRの橋は復旧工事が急ピッチで行われている。年内には鉄路も復旧する見通し。 (2016年10月28日 )

清水町 清水町の小林橋。仮橋が完成して車がひつきりなしに往来しています。今も残る崩落した元の橋が台風災害の凄まじさを今に伝えています。 (2016年10月28日 )

清水 清水町内のペケレベツ川にかかる国道38号清見橋の仮橋にはたくさんの車が往来しています。2カ月近くが経過し、交通事情は回復しています。 (2016年10月28日 )

芽室町美生川 道道55号、美生川によって削り取られた橋は未だ復旧しておらず、通行止めの状態が続く。 (2016年10月27日 )

芽室町芽室公園 災害の爪痕は今もなお残る(10月20日撮影) (2016年10月24日 )

芽室町新嵐山付近の道路 反乱した水がえぐり取った路肩は今はすっかり復旧している。 (2016年10月20日 )

芽室町 芽室川の氾濫で腰の高さまで水に浸かった住宅街。今は元通りに。 (2016年10月20日 )

音更 十勝川温泉第一ホテル前 台風時の十勝川の水位(写真上 8月31日)と現在の水位(写真下 10月19日)。水位が上昇しホテルの施設の一部を水没させた十勝川は、今は平穏を取り戻している。 (2016年10月19日 15:00)

しほろ清流パークゴルフ(PG)場 台風の影響で壊滅的な被害を受けた。町教委は復旧は無理と判断し、町総合グラウンドPG場に移設して拡張する方針を固めた。 (2016年10月18日 )

清水町旭山地区 久山川で長山さんの行方を捜す清水町の職員ら (2016年10月15日 午前11時ごろ)

清水町 通行再開した国道38号の清見橋。左が仮橋、右がペケレベツ川の増水で流失した橋 (2016年10月14日 午前9時15分)

帯広市中島町 帯広市中島町札内川と戸蔦別川の合流点。 (2016年09月27日 )

清水町 清水町羽帯芽室川。 (2016年09月27日 )

清水町 清水町羽帯芽室川。 (2016年09月27日 )

清水町 清水町旭山別荘地。 (2016年09月27日 )

清水町 清水町久山川の土砂崩れ現場。 (2016年09月27日 )

#十勝のみんなが晴れるまで

Twitterでハッシュタグ「#十勝のみんなが晴れるまで」を付けて、現地の状況写真や応援メッセージを投稿してください!

#十勝のみんなが晴れるまで

#十勝のみんなが晴れるまで