各市町村への支援について

28月の複数の台風による大雨災害の被災者や被災地の復興のため、被災地では支援を必要としています。

十勝毎日新聞社は9月2日から10月3日まで、義援金を受け付けました。寄せられた義援金は、80件、総額683万円となりました。義援金は北海道災害義援金募集委員会を通じて被災者と被災地の復興のために配分されます。

またこれまで、地元はもちろん道内や全国各地から、多くのボランティアが清掃や農作業などに参加してくれました。イベントを企画してくれた方、十勝の特産品を買って応援してくれる人。温かな気持ちの一つひとつが、十勝にとって大きな励みとなっています。

被災地支援には一般的に「ボランティア」「支援物資」「寄付」などの方法がありますが、各自治体によって必要としている形は異なります。義援金やボランティア受付の有無、方法などは各市町村のホームページで確認してください。


#十勝のみんなが晴れるまで